がん性疼痛に対して鎮痛薬を使用する際の5つの原則

世界保健機関(WHO)は、がんの痛みに対する治療法を確立し、全世界に向けて発信しています。これが日本でも採用されている標準的な痛み治療法で「WHO方式がん疼痛治療法」と呼ばれています。鎮痛薬を適切に使用するための5つの原則がありますので、以下に紹介したいと思います。

簡単な投与経路で使用する
飲み薬は、時と場所を選ばず簡単に使用することができ、患者が自分で管理することができるため、内服薬が第一選択となります。人間が体内に物質を取り込むときに一番自然なのは口から飲んで腸から吸収する経路ですので、その意味でも飲み薬は理にかなう選択です。

しかし、食事が取れない、飲み込みが不十分、消化管に異常があって薬を腸から吸収できない方などの場合、飲み薬の使用は不適切ですので、貼り薬が第二選択となります。飲み薬と同様に患者本人が管理をできますが、貼り方や皮膚の状態によっては効果が安定しないという問題があります。

即効性と鎮痛効果が最も期待できるのは注射薬ですが、医療従事者しか管理を行えず、使用法を誤ると副作用も強く出るという問題があります。飲み薬や貼り薬が不適切な場合や、これらでコントロールできない強い痛みの場合には、専用の小型ポンプを使用して注射針を正確に点滴あるいは皮下注入する方法が確実です。

規則正しい時刻に使用する
がんの痛みは持続することが多いため、薬が常に痛みをコントロールできている状態を保つことが重要です。鎮痛薬は実際に痛みがあるときに使用するのが一般的な考え方ですが、がん患者の持続する痛みに対しては、薬を定時に使用して痛みを予防するのが常識です。薬の種類によって有効時間は異なるため、医師や看護師は規則正しく鎮痛薬が試用されるように指導することが大切です。突出痛に対しては、定時の薬とは別途に即効性のレスキュー・ドーズが処方されます。

段階的に薬を選択して併用する
患者の痛みの段階に応じて薬を選択します(WHO3段階除痛ラダー)。比較的軽度な痛みには消炎鎮痛薬を使用します。痛みが強くなった場合にはオピオイドを併用します。投与量に比例して鎮痛効果が高くなるのがモルヒネ、オキシコドン、フェンタニルの3つで、これらががん疼痛治療の主力となります。

患者ひとりひとりに合わせた鎮痛薬の種類や量を決める
鎮痛薬、とくにオピオイドはその効果に大きな個人差がありますので、どれくらいの鎮痛効果を示すのかを予測することが困難です。そこで基本的にオピオイドは少量から開始して、その効果を確認しながら徐々に増量していきます。必要な量まで増量すると、十分な鎮痛効果が得られますので、病状が安定すればその量で続けていきます。病状の変化により痛みが強くなった場合は、増量が必要となります。逆に病変が改善した場合には、減量することもできます。

細かな配慮を忘れない
鎮痛薬にはいくつかの副作用があります。特にオピオイドの場合は、十分な副作用対策が必要です。オピオイドの使用によって高頻度で発現するのが便秘です。なかでもモルヒネ、オキシコドンの内服薬はほぼ確実に便秘が生じ、この状態が継続しますので、常に下剤を併用する必要があります。

次に吐き気です。オピオイド使用者の20〜40%が吐き気を経験するといわれていますが、これは吐き気止めで対応が可能です。吐き気はオピオイド使用開始から2週間程度で消失します。

オピオイドの開始時や増量時に眠気が出る場合がありますが、自然に消滅します。オピオイドが過剰になると、意識が朦朧としたり呼吸回数が少なくなったりしますが、適量の使用を心掛けていれば非常に安全な薬です。