患者・家族の様々な苦痛を緩和するために医師、看護師、薬剤師らで構成された専門家チーム

緩和ケアチームとは、一般病棟あるいは外来において各診療科医師や病棟・外来スタッフからの依頼に応じて横断的に緩和ケアを行う多職種で構成された専門家チームです。

がんを主とした治療困難な疾患を抱える患者や家族の肉体的、精神的、社会的な苦痛などを緩和するために、医師、看護師、薬剤師だけでなく、医療ソーシャルワーカーリハビリテーションスタッフ心理士など施設によりさまざまな職種がチームに加わって活動を行っています。

緩和ケア診療加算の施設基準では医師、看護師、薬剤師から構成される専従チームとされていますが、がん診療連携拠点病院の施設基準とは異なります。

緩和ケアチームの活動の基本となるのはコンサルテーション診療です。場合によっては患者と家族へ直接、治療やケアを行うこともあります。また、院内で緩和ケアに関する勉強会を開催したり、マニュアルの作成などにより、医療従事者へ緩和ケア教育を実践することもチームの重要な役割です。

緩和ケアチームによるコンサルテーション診療では、緩和ケアに関する問題を抱えるプライマリ・チームに支援、教育を行うことで、直接または間接的に患者や家族へ緩和ケアを提供します。緩和ケアチームは、プライマリ・チームからの以来を受けて患者を診察した後、問題点について解決案を提案します。

患者を直接診察せず相談のみになることもありますが、いずれの場合も治療の最終的な決定権はプライマリ・チームにあります。従って、一方的な指示を与えたり、緩和ケアチームだけで問題を解決するのではなく、プライマリ・チームが実施可能な解決策を具体的に提案することが重要となります。

また、その提案内容が実施された場合の結果についてもチームが責任を共有します。コンサルテーションを行う場合は、相談者であるプライマリ・チームの役割を奪わない、またプライマリ・チームと患者・家族の関係を崩さないといった配慮も求められます。