MSWはがん患者が社会資源を活用しながら闘病生活ができるように支援を行います

がんの告知を受けた患者及びその家族は闘病生活において多くの問題に遭遇し、苦悩や葛藤を抱えることになります。

それらの問題は患者家族の次女だけでは乗り越えることが困難なケースもあり、がんになっても安心して暮らすことができる社会の構築が必要となります。

さらにがん患者及び家族が地域の社会資源を活用しながらその人らしく闘病生活が送れるように、個人と社会を繋ぐ支援が必要です。

MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)の多くは社会福祉士という国家資格を持ち、社会福祉の立場から患者の抱える諸問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る役割を担っています。

近年のがん医療の進歩は目覚しいものがあり、新しい薬剤が多く上市されるようになりましたが、その一方でがん医療にかかる医療費が増大しています。また、がんの治療は長期にわたる傾向にあるため、それが患者の就労に関する問題の一因となっています。患者が家計を支えている場合には家族の生活にも大きな影響を及ぼすことになります。

その結果、患者はがんの治療を望みつつも、自分の延命によって家族に多大な経済的な負担をかけることになるのではないかと悩み、治療をあきらめてしまうケースもあります。

MSWは患者の状態について医師、看護師、薬剤師に確認したうえで、患者が必要とする治療を安心して受けることができるように各種の助成制度の利用を支援し、医務課の職員と協働して患者及び患者と具体的な支払方法について相談を行います。

また緩和医療において、MSWは遠くない将来に死を迎える患者および家族と継続的な対話を行うことにより、無力感、絶望感、孤独感などを理解しようとします。そして患者の生活背景や価値観を知り、その人にとっての生活の質とは何かを明らかにします。

さらに患者および家族が自らの意志を中心として療養生活を再構築できるように、院内の専門職や地域の保健・医療・介護・福祉などの関係機関と連携し支援体制の整備を行います。

このようにMSWは緩和ケアチームの一員として、患者および家族の真理社会的な苦痛の軽減を図る役割を担っています。