オピオイドに対する誤解について看護師は十分説明する必要があります

約70%のがん患者は闘病中に何らかの痛みを感じており、その過半数は耐えがたいほどの痛みを体験しているとされています。がんによって生じる身体症状は多くありますが、なかでも痛みは比較的早い段階から出現します。

痛みにも様々な種類があり、一ヶ所にとどまることもあれば、全身に痛みが出ることもあります。また持続的な痛みと、何らかの原因によって急に出現したり強くなったりするもの(突出痛)もあります。

これらの痛みを放置することは患者のQOLを著しく低下させることになりますが、緩和ケアの普及により痛みに対する治療は非常に進歩しており、標準的な痛み治療を行うことで痛みの80%以上は十分にコントロールできるようになっています。

がん患者が抱える痛みの原因は以下の4つに分類できます。@まず、がん自体による痛み(がん性疼痛)です。がんの進行に伴い正常な臓器や神経が障害され、痛みを感じるようになるのです。A次に、がん治療に伴う痛みです。手術を行えば傷が痛みますし、化学療法の副作用で口内炎や神経障害が生じたりすることがあります。

B3つ目は、全身の消耗や衰弱に伴って発生する痛みです。長期間の入院でベッドで横になる生活が中心になると、身体の各関節・筋肉が硬くなって、動く際に痛みやすくなりますし、床ずれが痛むこともあります。C最後はがんとは関係のない痛みです。これは患者の持病として持っている神経痛や関節痛などが該当します。

これらの痛みに対する的確な診断を行い、治療を実施するのが緩和ケアの役割ですが、最初に挙げた「がん性疼痛」に対しては世界保健機関(WHO)による「がん疼痛治療法」が確立されており、「治療の段階的目標」「患者と医療者の痛み治療に対する心構え」「痛みのマネジメントにおける基本方針」などが細かくまとめられており、世界中に普及しています。

がん疼痛治療において、重要な役割を果たすのが「オピオイド(医療用麻薬)」です。日本ではモルヒネ、コデイン、オキシコドン、フェンタニルが使用されています。初期の軽度な痛みに対しては非オピオイドの鎮痛薬単独でも十分な効果を発揮しますが、痛みが強くなる場合にはオピオイドを併用することが必要となります。

オピオイドは鎮痛効果と安全性が証明されてますが、日本では「痛みの緩和と引き換えに命を縮めるのではないか」「中毒性が高くやめられない」「終末期の最後の手段」といった誤解が多いため、緩和ケアの先進国である欧米諸国に比べると、日本での使用量は非常に低くなっています。

緩和ケアを担当する医師、看護師、薬剤師は、痛みを地ろゆするためにオピオイドを適切に使用した場合には、これらの心配は全くなく、鎮痛薬として非常に安全であるということを十分に説明する必要があります。

オピオイドの副作用として最も多く見られるのが、便秘と吐き気ですが、それぞれ下痢と吐き気止めを併用することで解決できます。開始当初は、眠気が現れることもありますが、大抵は数日で解消します。