がん医療チームの居陳として期待されるPT(理学療法士)とOT(作業療法士)の役割

理学療法士は、がんの進行やその治療の過程で生じた移動・身の回りの動作などの障害に対して、歩行や車椅子やベッドへの移乗動作、トイレでの座位保持などの身体の基本動作を可能な限り維持すべくかかわります。

対象となる治療の過程は予防期から緩和ケアにいたるまでの全てとなっており、関連する診療科と協力しながらアプローチを行い、目標として、家庭復帰や社会復帰ができるだけ円滑に行えるようにサポートを行います。

そのためには、筋力の維持や生活動作に必要な関節可動域を確保することを目的としたストレッチを行ったり、動作を繰り返すことで効率よい新題運動を学習させます。また、家族への介助指導や負担軽減を図るため歩行器などの適切な福祉機器の選択にも携わります。

しかし、原疾患の進行や手術・放射線療法・化学療法による副作用や患者自身の受ける心理的問題は個人差が大きく、それぞれの対象に合わせて、リハビリ目的や方法などオーダーメードの対応となることが多くなっています。

また、患者が障害・死を受容する過程にかかわることもあり、薬剤や医療制度では取り除けない心理面への対応も、がん医療チームの一員として理学療法士に期待されています。

作業療法士は、身体機能における困難さや障害だけでなく、食事動作や行為、トイレ動作、入浴動作などの日常生活活動(ADL)や家事、仕事、趣味などの生活関連活動(IADL)の困難さや障害、それにより生じる心身等の苦痛を緩和するための支援を行います。

支援の方法は、身体機能の改善が得られる場合は機能回復訓練を行いますが、徐々に腫瘍が増大し身体機能が低下し、ADLやIADLが難しい場合には、残された機能を使用したり、自助具や福祉器具などを使用するなど、できる限りのADLやIDALを実現するようにします。

また、病気のことが頭からはなれず抑うつ的になってしまう場合などは、機能訓練の際に気分転換が図れる活動を用いることで、病気から気持ちをそらす時間をつくるなど心身両面からのアプローチを行います。